2014年10月14日

シニアハウジングライフサポーター養成講座〜第3回報告〜

シニアハウジングライフサポーター養成講座〜第3回報告〜

10月5日(日)、台風18号が接近している悪天候の中、養成講座第3回が開催されました。

出席くださった皆様、ありがとうございました。・・・・と、言いつつ今週も台風19号が
接近・・・・。無事に開催されて本当に良かったです。


では、第3回の養成講座を報告させて頂きます。
KIF_2880.JPG

▲NPO法人ワンネス理事長の望月より、「高齢者住宅について」をお話させて頂きました。

「高齢者住宅」といっても、その種類は多種に渡ります。入居できる条件も異なれば費用もさまざま。
3年前に出来た「サービス付き高齢者住宅」。(略して、サ高住)。いわばミニ優良老人ホーム
みたいなものです。

このサ高住でようやく、福祉系と住宅関連事業が近付いたのです。今までは、福祉は福祉、
住宅は住宅だった為、老人ホームといえば本当に施設のようなものでした・・・。
「終の棲家」として選ぶのであれば、自分にとって安心・安全な場所がいいですね。

もし、住み替えなどで悩んでいらっしゃる場合には、「NPO法人ワンネス」にご相談
ください。


KIF_2884.JPG

▲後半は、プライバシーマーク審査員補の黒田久雄氏による、「個人情報の取り扱いについて」。

現代社会においての、経営資源は「人・モノ・カネ・個人情報」。取り扱いには細心の注意が
必要です。以前では、「個人情報」と「プライバシー」がいっしょくたんになっていたとか。

個人情報はあくまで、生存する個人に関する情報。氏名や生年月日、住所、電話番号などの
記述により特定の個人を識別できるものです。プライバシーとは、個人や家庭内の私事・
私生活。個人の秘密です。

近年、個人情報漏洩事件の発覚が多発しています。それに伴い、個人情報の「過剰反応」
が問題になってきているようです・・・。

これからの時代、上手に個人情報の管理と付き合っていかないといけないですね。

次回は、10月12日(日)に開催された第4回を報告させて頂きます。
posted by シニアハウジング情報 at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。